訪問者からの目線を一番に考えてくれた

一番最初に造ったホームページは、まだインターネットがそれほど普及していない時代に知人に作ってもらったものでした。私が「こんな感じで」と言ったそのままを形にしただけのホームページでした。インターネット上に、ホームページというものを載せていれば勝手に誰かが見に来てくれるものだろうと思っていて、何年もそのままにしていました。

あるときトレンディハウスの野田さんと知り合い、相談してみたところ「たとえ見てもらってもメールも送れない、扉の閉ざされたホームページ」だとのご指摘をいただきました。

トレンディハウスでは、私が「こんな感じで」と言ったことだけでなく、訪問者がどんなことを知りたいか、作るだけでなくいかに”魅せる”か、他の工務店とどう差別化するかという「訪問者からの目線」を一番に考えて作っていただきました。 我々の建物づくりと通ずるものを感じました。

お蔭様で、多くの人に我々の心を知ってもらうホームページが出来ました。今までやってきたことを知っていただくことで、お客様の意向ばかりに我々が合わせるのではなく、ある程度理解した上でお客様に選んでもらって結びつくようになりました。これは大きな変化です。また本サイトを作ってからも、情報化の時代の流れや予算に応じて特別ページをプラスする形で、さらに発展しています。

私は営業が苦手です。いままでは人づてでお仕事をいただいており、情報発信は不要と思っていました。しかしながら世代交代が進む中、そういった人的交流が減少してきております。ホームページは、さながら「営業マン」としての役割を担っております。

今後も、我々の心を知ってもらうために……明日のために……ホームページのさらなる充実とその活用をトレンディハウスさんにお世話になりたいと思います。

大兵工務店 様

栃木県栃木市で宮大工、伝統工法を用いた住宅(数寄屋造り)や社寺建築、蔵や古民家の新築、修復、再生を行う工務店様です。

公式ホームページ

PAGE TOP