大正7年からの建物を逆手にとった見せ方で
自社HPからの予約が30%増加!

栃木市の老舗旅館『かな半旅館』様。IT助成金を利用して、ホームページのリニューアルをご依頼いただきました。ホームページのリニューアル後、自社のホームページからの予約数が増加し、大変満足をいただいております。

 

―弊社にご相談いただいたきっかけや、ご依頼の決め手について教えてください

もともとのホームページは、学生の子にお願いしていたのですが、その子が就職することになり、更新が厳しくなったので、栃木市の商工会議所の方からの推薦もあり、面識があったトレンディハウスさんにホームページのリニューアルをお願いする事にしました。栃木市で公共のお仕事もされているトレンディハウスさんなら安心という思いがありました。また、トレンディハウスさんからIT補助金のお話もいただき、補助金を利用できることを知ったことも決め手になりました。

―どのようなホームページを作ろうと思っていましたか

部屋のタイプが色々あるので、それを今までは電話で説明していたので、ホームページを見てもらえばどんな部屋なのかわかるようになればいいなと思っていました。また、離れのお部屋や、お風呂・トイレがないお部屋にもお客様からのご予約が入るようにしたいと思っていました。見せ方などは、すべてトレンディハウスさんにお任せしました。結果的に、とても素敵な形に仕上げていただき、とても満足しています。

―お打合せでの、弊社からの提案やアドバイスについてお聞かせください

トレンディハウスさんは、料理の写真の見せ方がとても上手で、安心してお任せできました。また、「お風呂の利用の仕方」や「食事の出し方」なども、「こうした方がわかるんじゃない?」とお客様目線で教えていただき、うちの社員よりも詳しくて驚きました。また、外国の方からのご予約もありますので、ホームページで翻訳機能を付けたいと希望しましたら、すぐに付けていただけました。

―ホームページを活用していただき、一番効果を感じたことをお教えください

自社のホームページから予約のメールが届くのでホームページを見ていただいているという実感があり、とても嬉しいです。おおよそですが、30%くらい増えてきているのではないかと思います。

当旅館は、大正7年からの建物なので「古い」という見方もありますが、トレンディハウスさんが、「趣がある」と見せてくれたので、「歴史を感じてとても良い」とお客様から直接言っていただけるようになりました。また、取引業者の方もホームページを見てくれていて「素敵!」と、とても評判がいいです。私の顔写真も掲載しているので、安心感があるのだと思います。顔写真を載せるのは恥ずかしかったのですが、来客のお客様が「初めてお会いした気がしない」と気さくにお話ししてくれます。ホームページをたくさん見ていただいているのですね。

―最後に、ホームページを作ろうかどうしようか迷っている方に対してアドバイスをお願いします

ホームページで世界中どこにいても当旅館のことをお客様に知っていただけるということは、とてもすごいことなのだと思います。そして、簡単にスマホで調べられる時代になってきたので、宣伝効果を狙うなら、ホームページを活用することが一番だと思います。効果については、当旅館で実感しています。本当にトレンディハウスさんにリニューアルをお願いして良かったと思っています。ありがとうございました。

―ありがとうございました。

かな半旅館 様

栃木市の中心に位置する「かな半旅館」は、江戸安永年間創業の歴史のある旅館です。 大正7年、陸軍大演習が栃木中学校(現:栃木高校)で行われる際に、士官を泊めるために建てられた建物が、客室では一番古い建物になっております。その後、閑院宮もお泊りになりました。

公式ホームページ

PAGE TOP