自社ホームページを立ち上げてかれこれ20年。
積み上げたコンテンツを整理し、定期的にリニューアルを実施

Qホームページを立ち上げたきっかけは?

当社の創業は平成7年ですが、当時はネット回線も不十分で、ホームページはまだ一般的ではありませんでした。建築業界でもホームページを持っていたのは大手ゼネコンだけだったと思います。

とはいっても、いずれコンピューター全盛の時代が来ると確信していたので、将来を見据え、ホームページに「投資」する必要性があると感じていました。

そんなとき、トレンディハウスの野田社長と出会いました。単にホームページを立ち上げるだけでなく、「戦略的に運用してこそ価値がある」という野田社長の熱弁に共感。自社ホームページの制作を一任することにしました。以来、毎年のように、大なり小なりのリニューアルを重ねて今に至っています。

Qホームページを長年運用するにあたり大切なことは?

時々、同業者にこう聞かれます。「ホームページで契約が取れるのか?」と。われわれ建築業界ではホームページを立ち上げたからといって問い合わせが殺到するわけではありませんが、ホームページがないと売り上げは上がらないでしょう。もはやそういう時代であり、自社を世間にアピールする手段としてホームページは不可欠です。だからこそ定期的に、時代に乗り遅れないようリニューアルしています。

およそ20年近くにわたり、トレンディハウスさんと二人三脚でホームページを運営してきたわけですが、今回、大掛かりなリニューアルを行うことにしました。その理由は、長年の積み重ねでコンテンツが増えすぎてしまい、自社のアピールポイントが曖昧になってしまったからです。

これまでは充実したコンテンツをつくることを目指してきましたが、その目的が完了すると、今度は「情報の整理」が必要になってきたというわけです。ここが今回のリニューアルの大きなポイントだと考えています。同時に、スマートフォンでもスムーズに閲覧できるような、時代に合わせたホームページの「設計」が欠かせません。

株式会社菅野建築 様

木造の注文住宅/RC鉄筋コンクリート住宅/介護リフォーム/デザイン・設計・施工

公式ホームページ

PAGE TOP