ホームページの使いやすさと見やすさが
物件登録数の増加に繋がったと実感しています。

栃木市は2019年の「子育て世代が住みたい田舎部門」で全国第1位!
さらに、「空き家バンクの成約数が多い自治体」として2年連続の全国第1位になりました。
その栄冠の一端を担っている栃木市空き家バンクのホームページ「あったか住まいるバンク」の制作を、トレンディハウスが担当させていただきました。

―弊社にご相談いただいたきっかけは

もともとは市の職員が作った簡易的なページがありました。少しずつ登録物件数が増えてきたところで「もっと見やすいページにしたい」「物件の登録が簡単にできて、管理がしやすいものにしたい」という現場の意向から、制作会社に任せることにしました。

以前、「お試しの家」の特設サイト(※現・栃木市移住体験施設ホームページ)を作ってもらったんですね。その際には、数社からお見積りとご提案をいただき、その中からトレンディハウスさんを選んだ、という経緯でした。
その「お試しの家」のページの仕上がりを見て、とても印象が良かったんです。

そこで、空き家バンクのホームページのリニューアルに関しては、最初から「トレンディハウスさんに頼んで作っていきましょう」ということになりました。

―ご依頼の決め手について教えてください

「お試しの家」の特設サイトの出来栄えが決め手です。

トップページの作り方ですね。特に良いなと感じたのは。
パッと見た時に、お客さんが良い印象を持つか悪い印象を持つかっていう大切なところ。そのトップページの作り方が非常に共感を持ちました。

特徴的なところを捉えて頂いて、写真もたくさん使ってもらって。そういったところが「いいな」と思いましたね。

それと、市内業者っていうことも大きかったです。身近に頼めるという点。

また、過去にも数々の(栃木市に関わる)ホームページを作ってもらったという実績もあったので、そういったところを鑑みて。

―そのお打合せでの、弊社からの提案やアドバイスについてお聞かせください

トレンディハウスさんから色々なアドバイスがありました。こちらが、「こういうのをやりたいんですけれども…」と相談すると、他のホームページも参考にしながら、「じゃあ、こういう風にしたらいいんじゃないですか?」と違う提案もしていただいたり。

なかでも、「バナー広告を募集したらいいのでは?」という提案は、即時やらせていただきました。これがとても好評でして。色んな業者の方からお申し込み頂いております。

―ホームページを活用していただき、一番効果を感じたことをお教えください

このホームページがなければ空き家バンクの登録がここまで進まなかった。
本当にホームページに頼りきりです。

非常に使いやすくて、利用者数もリニューアルしてからどんどん登録者が増えたというところがあるので、本当に多くの方が見てるんだなあ…と。使いやすさと見やすさを兼ね備えたホームページになってますね。

平成28年にリニューアルしたのですが、問い合わせの数がグンと伸びているんですよ。空き家バンクを利用するのにやっていただく登録作業が、問い合わせ110件だったのが、年間200件の利用者登録に至っている。平成30年度にかけては300件まで伸びて来てるよっていうところがあるので非常に好調ですね。

また、簡単に空き家物件の登録ができるようになったことで、一番事務が楽になりましたね。
しかも結構簡単に操作ができるようになったのに、物件情報は充実した内容になってるので、それが良い効果になってるかな、と。

社内で即時アップ、随時更新ができるということで、所有者の方にとっても良いものになってると感じています。

―以前のホームぺージは「物件を紹介する」という簡単だったものから、リニューアル後は「物件の紹介から申し込みまでできる」という動きのあるものに変わって、ホームページに対して何か印象というのは変わりましたか?

空き家バンクの登録物件数が、近隣の市はまだまだ少ないんです。
うちの場合、登録数が上がったのは、やはり見やすさが良かったという点と、一度にいっぱい物件が見せられる、という点。

他の自治体のサイトは、何度かクリックしないと出てこなかったり。物件の見やすさがあまり良くないんですね。

この「ホームページの使いやすさ・見やすさ」によって、登録物件数において近隣自治体に差をつけることができたのは驚きです。

―弊社への評価や今後の展望についてお聞かせください

今後は、物件数が増えてきたということもあり、その見せ方…もうちょっと改善の余地があるかなと感じているので、また相談させていただきたいと思います。
検索方法とか、そういったところですかね。
プラスアルファで、さらに良いものにしていきたいです。

また、金額の面でもトレンディハウスさんでは安価にやってもらっているので、それもいいのかなと思ってますね。

費用対効果については完全に上回ってるなーって思ってます。随時相談にも乗ってくださいますし、それ以上にホームページが大活躍しているので、そういったところで費用対効果に見合ったものになってると思います。

―最後に、ホームページを作ろうかどうしようか迷ってる方に対してアドバイスを

ホームページを作ることによって「効率化」が図れ「効果」がかなり出てるので、 「PR 力」の方につながっていきます。ホームページを作って活用していけば良い方向にしかいかない、そう感じます。

―貴重なご意見いただき、ありがとうございました。

栃木市空き家バンク あったか住まいるバンク様

空き家・空き地に関する物件情報を市のホームページで提供(公開)し、物件を「売りたい・貸したい」という方と、「買いたい・借りたい」という方との仲介を行う「空き家バンク制度」。物件をお探しの方にとっては「お宝発見」となるかもしれません。

公式ホームページ

PAGE TOP